お片付けラボは安心の料金《分割払い》《後払い》に対応!

お片付けラボコラム

なぜ空き家の掃除・空き家清掃は必要?自力で掃除をするべきかどうかも解説

2023年02月24日

近年問題となっている空き家の放置。空き家を放置して劣化が進むと、「特定空き家」に認定されたり倒壊して近隣住民に危険が及んだりすることになります。空き家にはさまざまな理由で定期的な掃除が不可欠ですが、自力で掃除ができないという場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

今回は、空き家の掃除・空き家清掃の必要性や自力もしくは業者に掃除を依頼した際のメリット・デメリットをご紹介いたします。空き家の掃除・空き家清掃は、実績が豊富な「お片付けラボ」に相談するのがオススメです!

なぜ空き家の放置は問題なの?

空き家清掃

 

親が亡くなり、相続で不動産をもらい受けたという方も多いでしょう。不動産は資産となる反面、管理やメンテナンスが必要なため放置されることも多くあります。中には所有者がどこにいるかわからないため、放置せざるを得ない状況に陥っている空き家も少なくありません。

 

空き家を放置すると、さまざまな問題が出てきます。台風や地震の影響で屋根や外壁が壊れて雨漏りすれば、老朽化が進み最悪倒壊する恐れも出てきます。住宅街の中にあると、危険ですよね。

 

また荒れ放題だからという理由で、ゴミの不法投棄やホームレスが不法侵入し問題となるケースもあるのです。地域の治安にも関わりますし、草が生い茂れば虫や異臭で近隣住民にも迷惑がかかるでしょう。

定期的に空き家を掃除するメリット

空き家清掃

 

空き家を定期的に掃除することで、さまざまな恩恵を受けることができます。資産としての価値も維持できるため、もし売却をお考えなら尚更掃除をする必要があります。では、具体的に空き家を掃除するメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

問題の早期発見

長期間放置された空き家は、老朽化が進み家の中も埃だらけになってしまいます。雨漏りをしていれば、家財や床に深刻なダメージを与えるので早急な修繕が必要になります。

 

外壁のひび割れはないか、扉や窓がきちんと開閉するか、ガラスは割られていないか、ゴミは不法投棄されていないかをチェックすることは空き家を管理する上で非常に重要です。定期的に掃除をしに行くことで、そういった空き家の問題にも気が付きやすくなると言えます。

 

近隣住民の人に挨拶をし、最近変わったことがないかどうかを聞くだけでも防犯になるでしょう。ポストに詰まった郵便物を処分しておけば、定期的に人が来るのだなという証にもなります。

劣化を防げる

面倒だからと空き家を放置すればするほど劣化を招きます。たとえ屋根から雨漏りしていなくても、人が出入りしない空き家には常に湿気が溜まっている状態です。

 

湿気は、カビはもちろん木材を餌とするシロアリが繁殖する原因となります。カビもシロアリも家の劣化が進む非常に厄介な存在です。

 

掃除をする際に窓を全て開けて換気をするだけで、劣化のスピードはかなり違ってきます。積もったホコリやゴミを掃除し衛生的に保てれば、状態の良い空き家を維持できるでしょう。賃貸として貸し出すことはもちろん、不動産としての価値も大きく損なうことなく売りに出すことができます。

「特定空き家等」認定の回避

長期間空き家を放置すると、法的措置を受ける可能性が出てきます。空き家に関する具体的な法的措置の代表が、「空き家対策特別措置法」です。

 

空き家対策特別措置法の「特定空き家」の認定は、長期間メンテナンスをされずに倒壊の危機がある空き家や屋根や外壁が落ちたり飛散したりする可能性のある危険な空き家が対象です。特定空き家に認定されると、優遇されるはずの固定資産税が増額されたり過料が課されたりします。

 

空き家の所有者にとってメリットはなく、損するばかりです。空き家の掃除ができない理由は人によって事情があるかと思いますが、「特定空き家」に認定される前にきちんと手入れをするか売却するかなどの対策が必要と言えるのです。

自力で空き家の掃除・空き家清掃をするメリット・デメリット

空き家清掃

 

空き家は自力で掃除をすることができます。メリット・デメリットをご紹介いたしましょう。

 

<メリット>

 

空き家の掃除を自力でやるメリットは、費用が掛からず自分のペースでできることです。業者に依頼すると、お金がかかります。掃除用具や洗剤など自力で掃除をする場合もある程度の出費が必要になりますが、業者に依頼する程高くはありません。出費をしたくないという方は、やはり自力でやるしかないと言えます。

 

<デメリット>

 

自力で空き家の掃除・空き家清掃をする場合のデメリットは、全て自己責任ということです。掃除ができない場合も含めて、全て所有者の責任になります。いつ頃空き家に行って掃除をするのかをスケジュール管理するのも必要です。また手間が多く、休日も掃除で潰されるため面倒に感じることもあるでしょう。

専門業者に空き家の掃除・空き家清掃を依頼するメリット・デメリット

空き家清掃

 

遠方に住んでいたり多忙だったりすると、空き家の掃除はなかなかできませんよね。そんな時は、専門業者に掃除をお願いすることがオススメです。では、専門業者に空き家の掃除を依頼するメリット・デメリットとは何でしょうか?

 

<メリット>

 

専門の清掃業者に空き家の掃除・空き家清掃を依頼した場合、自分が掃除するよりも確実かつキレイにしてもらうことができます。酷い汚れや草木が生い茂った庭も短時間でキレイにしてもらえるだけでなく、不要な家財なども回収してもらえるので自力での掃除は大変という方には便利と言えるでしょう。

 

また立会いなしでもOKの業者に依頼すれば、鍵を預けるだけで作業を行ってもらえます。遠方に住んでいてなかなか行けなかったり面倒で掃除をしたくなかったりする方は、定期的に依頼することがオススメです。掃除の最中に業者が破損箇所に気が付いた時は、その都度報告してくれる場合もあります。

 

<デメリット>

 

業者は時間がなく空き家の掃除ができないという方の強い味方ですが、費用がかかるのがデメリットと言えます。ダスキンなどの業者の中には、定期コースを実施しているところもあるので問い合わせ時に確認してみることがオススメです。

 

また悪徳業者にも注意が必要です。格安料金やお得なサービスを謳う悪徳業者から、作業後に法外な代金を請求される被害が多発しています。きちんとした見積もりもせず、また立会いもさせたがらないケースも多いため、少しでも不審に思ったら別の業者を探すことが賢明と言えます。

空き家はどのくらいの間隔で掃除をすればよいの?

空き家清掃

 

空き家の掃除・空き家清掃は、定期的に行わなければ意味がありません。定期的と言ってもどのくらいの間隔で掃除をしたら良いのかわからないという方も少なくないでしょう。

 

空き家の掃除・空き家清掃は、できれば1ヶ月に1度が望ましいです。頻繁に空き家を掃除することで、毎回の負担を軽くすることができます。また破損した箇所のダメージが少ない状態で発見ができるので、修繕費を安く済ませられる可能性が高くなります。

空き家の掃除・空き家清掃ならお片付けラボ

空き家清掃

 

空き家の掃除は、必要不可欠です。放置すれば、最悪の場合多額の出費をすることになります。自力で掃除をするのはもちろん、できない場合は業者に依頼するという方法もあるので自分にあったやり方を実践してみましょう。

 

お片付けラボは、年間多くの空き家の掃除に関するご依頼を頂戴しております。ご相談・お見積もり作成・キャンセル料は無料。お支払いが心配というお客様にもご利用いただけるよう、弊社独自の分割払いや後払いのご相談も可能です。

 

空き家の掃除にお悩みなら、ぜひお気軽にお片付けラボにご相談ください。

 

即日対応も可能!東京・千葉・神奈川・埼玉エリアで空き家の掃除・空き家清掃ならお片付けラボ
https://okataduke-lab.com/

ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い

大量ゴミからゴミ屋敷などのお片付け全般はお片付けラボ

不用品回収 東京 即日
こんな状態でも大丈夫
分割支払い・自社ローン

今、現金が無くても
片付け・清掃が出来る!

お支払い方法に不安な方!

職業不問でも申し込みOK!
アルバイト・パートの場合でもOK!

※無職の方はNGです。
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
※21時~翌朝7時の回収は当日19時までの受付予約となります。