お片付けラボは安心の料金《分割払い》《後払い》に対応!

お片付けラボコラム

珪藻土マットは粗大ゴミ?正しい4つの捨て方とメーカー回収になるケースを解説

2024年02月01日

 

「しばらく使った珪藻土マットを捨てたい」

「珪藻土マットって粗大ゴミとして捨てられるの?」

 

バスマットに変わるアイテムとしてここ数年特に人気のある珪藻土マット。

 

実は過去にアスベストという物質を含んだ商品が流通していたことから、処分時は特に注意が必要です。

 

この記事では、珪藻土マットの正しい処分方法と、必ず注意してほしいポイントを徹底解説するので、ぜひ参考にしてください。

 

珪藻土マットを捨てる時はアスベストが含まれてないかチェック

 

高い吸水性で快適なお風呂上がりを実現する珪藻土マットですが、実は一部商品にアスベストが含まれていることが厚生労働省によって指摘されています。

 

アスベストとは繊維状の鉱物で、長期間吸い込み続けると悪性中皮腫や肺がんの原因になるリスクがある物質です。

 

吸い込むことでただちに害が発生する物ではありませんが、危険な物質を含んだ一部の珪藻土マットを長期間所有するのは避けるべきです。

 

珪藻土マットの処分時はアスベストが含まれた商品ではないか確認し、仮に対象商品だった場合は製造メーカーや輸入メーカーに回収を依頼しましょう。

 

アスベストが含まれた商品の詳細は厚生労働省のホームページでチェックできます。

 

石綿(アスベスト)を含む流通製品の情報について|厚生労働省

珪藻土マットの寿命は約2年前後

 

珪藻土マットの寿命は約2年前後と言われています。

水を吸わなくなったり、表面がザラザラしてきたら買い替えるのが良いでしょう。

 

ただ、お手入れ方法によってはもう少し長く使い続けられることもあります。

使用後に立てかけて乾かし、たまに水拭きをして綺麗な状態を保つだけでも通常より長持ちする可能性があります。

 

吸水力が落ちた時はクレンザーで洗い、直射日光を避けたうえで風通しの良い場所に保管するのもおすすめです。

 

珪藻土マットは洗濯しなくても清潔な状態を保ちやすいのがメリット。

捨てる前にはもう一度お手入れし、吸水力が復活しないか確認してみてください。

珪藻土マットの正しい4つの捨て方

 

珪藻土マットの正しい4つの捨て方を解説します。

 

地球環境や自分自身の健康を守るためにも、チェックしたうえで手放すようにしてください

自治体の粗大ゴミとして捨てる

珪藻土マットは多くの地域で粗大ゴミとして処分されることが一般的です。

 

しかし、粗大ゴミの定義は自治体ごとに異なります。

「そろそろ珪藻土マットを捨てたい」と思った場合は、はじめにお住まいの自治体のWEBサイトで粗大ゴミの定義をチェックしましょう。

 

仮に当てはまった場合は粗大ゴミとしての処分になるため、受付センターへの事前申し込みや手数料シールの購入が必要です。

 

ほとんどの自治体では「1辺が30センチを超えるもの」が粗大ゴミとして扱われます。

珪藻土マットは上記の定義に当てはまりやすいため、簡単に家庭ゴミとして捨てるのではなく、正しい捨て方を確認してから手放すようにしましょう。

アスベストを含む場合は製造メーカーに回収してもらう

お手元の珪藻土マットがアスベストを含む商品として厚生労働省から注意喚起されていた場合は、製造メーカーもしくは輸入メーカーに回収を依頼してください。

 

厚生労働省が指摘するように、アスベストは肺がんといった病気の原因になりかねない物質で、空気中に舞い上がったアスベストを長期間吸い込み続けると健康上のリスクを及ぼす可能性があります。

 

珪藻土マットの一般的な使い方を守っていれば問題ありませんが、リスクを含む商品は早めに手放すべきです。

 

アスベストを含む珪藻土マットは製造者による回収が好ましいと厚労省や各自治体が案内しています。

仮に対象商品をお持ちの場合は、家庭ゴミとして捨てることのないよう注意しましょう。

 

自治体が粗大ゴミとして回収することも不可能です。

家庭ゴミ・陶器として捨てる

お手元の珪藻土マットがアスベストを含まない商品で、自治体の粗大ゴミの定義にも当てはまらない場合は、主に不燃ゴミか陶器類として処分できます。

 

ほとんどの自治体は珪藻土マットの捨て方についてアナウンスしているので、「〇〇市 珪藻土マット 捨て方」と検索して正確な処分方法をチェックしてください。

 

ちなみに、粗大ゴミを家庭ゴミとして捨てるために小さく解体する方がいますが、珪藻土マットの場合はおすすめしません

 

万が一アスベストが含まれている場合、マットを割ることで有害な物質が空気中に舞い上がる恐れがあるからです。

 

また、単純に粗大ゴミを解体しても家庭ゴミとして捨てることはできないというルールを設けている自治体も存在します。

 

珪藻土マットを素早く安全に手放すには、ルール通り処分を進めるのがベストです。

不要品回収業者に回収してもらう

珪藻土マットをなるべく早く手放したい時は、不要品回収業者に依頼するのも良いでしょう。

 

業者であれば、珪藻土マット以外にも大きな家具や家電といった運びづらい不要品も一緒に回収してもらえます。

 

依頼者が外まで搬出する必要はなく、すべての作業をスタッフに任せられるため身体的な負担もありません。

 

ただし、アスベストを含む商品は回収できないことと、自治体に依頼するより費用が高くなることは頭に入れておきましょう。

珪藻土マットを捨てる時の注意点

 

他の粗大ゴミを捨てる時より注意点が多い珪藻土マット。

 

正しく手放すためにも、守ってほしい注意点を解説します。

 

アスベストが含まれた商品は必ずメーカーに回収依頼する

アスベストが含まれた商品は決して自己判断で処理せず、製造メーカーや輸入業者に回収してもらいましょう、

 

家庭ゴミとして普段通り処分すると、自分自身だけではなくゴミ処理場スタッフに迷惑をかける可能性があります。

 

また、マットが破損している時は、アスベストが飛散するリスクを抑えるためにもビニール袋に入れ、しっかり封をしたうえで保管しましょう。

 

アスベスト対策に不安がある場合は、厚生労働省の直接問い合わせることもできますよ。

 

石綿(アスベスト)を含む流通製品の情報について】(ページ下部に電話番号記載)

自治体が定めた捨て方に従う

珪藻土マットを捨てる際は、必ず自治体のルールを守りましょう。

 

粗大ゴミとして捨てるべきなのか、家庭ゴミとして捨てるべきなのか事前に確認し、正しく手放すことは市民としての努めです。

 

誤った方法で処分すると地球環境や回収スタッフに悪影響を及ぼしたり、そもそも未回収のまま放置され、管理人や近隣住民からクレームを受けたりする可能性があります。

 

特別な方法での処分が必要だから粗大ゴミとしても扱われることを理解しましょう。

再利用できないかチェックする

アスベストが含まれていない珪藻土マットなら、捨てる前に再利用の方法を考えてみるのも良いでしょう。

 

使い古された珪藻土マットでも、適切な方法ならまだまだ役立つかもしれません。

 

たとえば、マットを小さく砕いてビニール袋に入れれば、クローゼットや靴箱、トイレの消臭剤として活躍します。

 

また、ペットを飼っている場合はトイレや水飲み場の近くに置くのもおすすめ。

こぼれた水分のサッと吸収してくれるので、掃除をする手間が省けます。

 

さらには、吸水力が低下した珪藻土マットでも、表面をヤスリで軽く磨くと再び水を吸い上げる力が戻ることもあります。

 

珪藻土マットの特徴を活かした再利用術を取り入れると、ゴミを減らせるうえに処分費用も節約できますよ。

まとめ:珪藻土マットは粗大ゴミ!アスベストに注意して正しく手放そう

 

珪藻土マットは高い吸水性と取り扱いやすさが人気の商品です。

 

しかし、過去にアスベストが含まれた商品が見つかったこともあり、処分時は特に注意が必要

 

回収対象の商品をお持ちの場合は、厚生労働省のホームページに記載のメーカーに連絡して回収を依頼しましょう。

 

また、自治体によっては粗大ゴミとしての処分が求められることもあります。

粗大ゴミは事前申し込みがないと回収できないので、早く手放したい方は申し込みを忘れないようにしてください。

 

ゴミを出したくない場合は、アスベストが含まれていないことを確認したうえで再利用するのもおすすめです。

 

正しい方法で処分・再利用し、地球環境に負担をかけないよう配慮しましょう。

粗大ゴミのスピード処分はお片付けラボにお任せ

ゴミ屋敷清掃ならお片付けラボ! 年間実績1万件超! お客様満足度99.2%!

 

粗大ゴミのスピード回収なら、東京・千葉・神奈川など、関東1都7県に対応する「お片付けラボ」がおすすめです。

 

24時間365日依頼を受け付けており、最短当日にお客様の元へ伺います。

 

業者名にもある「お家のお片付け」はもちろん、ソファーやテーブルといった大きな粗大ゴミの回収・買取も実施しています。

 

自力で片付けられないほどお家が汚れてしまった時や、回収場所に持ち運べない粗大ゴミがある時はお気軽にご相談ください。

 

また、スピード対応が売りのお片付けラボなら、今すぐに手放したい粗大ゴミの回収もご依頼いただけますよ。

お片付けラボの不要品回収事例

お片付けラボ 東京都練馬区 不要品回収事例

 

「放置されたゴミで転倒してしまった」

「なるべく早く自宅を綺麗にしたい!」

 

東京都練馬区のお客様からのご依頼

 

・作業内容:ゴミ,不用品の回収

・作業時間:2時間

・支払い方法:頭金0円の分割払い

 

ゴミが散らかった家を綺麗にしてほしいという内容でお片付けラボにご依頼いただきました。

 

家のあちこちに放置されたゴミで実家のお母様が転倒し、入院する怪我を負ってしまったとのことです。

 

事故を防ぐためお母様が退院するまでに家を綺麗したいという希望を叶えるために依頼いただいた翌日にスタッフを派遣し、ゴミや不要品を徹底的に回収しました。

 

およそ2時間でお家を綺麗にお戻しし、お客様にも安堵いただきました。

 

依頼当日や翌日に伺えるフットワークの軽さもお片付けラボの強みの一つ。

 

お急ぎの場合はできるだけ早く対応いたしますので、フリーダイヤルか公式LINEからご連絡ください。

 

東京都練馬区でゴミ屋敷の片付けを依頼したい方にはお片付けラボがおすすめ!

 

最大60回の分割払い可能!不要品のスピード回収ならお片付けラボにお任せ

ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い

大量ゴミからゴミ屋敷などのお片付け全般はお片付けラボ

不用品回収 東京 即日
こんな状態でも大丈夫
分割支払い・自社ローン

今、現金が無くても
片付け・清掃が出来る!

お支払い方法に不安な方!

職業不問でも申し込みOK!
アルバイト・パートの場合でもOK!

※無職の方はNGです。
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
※21時~翌朝7時の回収は当日19時までの受付予約となります。