お片付けラボは安心の料金《分割払い》《後払い》に対応!

お片付けラボコラム

ゴミ屋敷の部屋が増加している!その理由と片付ける方法について解説

2023年01月08日

ゴミ屋敷になった部屋を片付けたいけれど、どうしたらいいかわからない。
人知れずこんな悩みを抱える人は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、汚部屋を片付ける方法について解説します。
本気で部屋をきれいにしたい人に向けて、役立つ情報をまとめました。

 

・ゴミ屋敷の定義
・自力で片付けるか業者に依頼するかの判断基準
・自分でゴミを撤去する場合に必要な道具

 

これから部屋を片付ける予定があれば、ぜひ参考にしてください。
最後まで読めば、ゴミ屋敷を片付けるコツを理解できます。

隠れゴミ屋敷が増加している

 

あなたは「隠れゴミ屋敷」をご存じでしょうか?
一見するとゴミ屋敷には見えないものの、部屋の中が不用品で溢れかえっている状況を意味します。
まずはゴミ屋敷と判断される基準や、増えている背景について説明しましょう。

 

ゴミ屋敷の基準

結論として、ゴミ屋敷かどうか判断する基準は存在しません。
日常生活に支障が生じるほど不用品が蓄積されているなら、間違いなくゴミ屋敷といえます。
わかりやすい目安として、以下のような部屋が当てはまるでしょう。

 

・足の踏み場がなくなっている
・人の背丈ほどの高さまでゴミが溜まっている
・害虫や害獣の住み家になっている
・悪臭が漂っている

 

1つでも該当する場合、一刻も早く片付けるべきですね。
生活の質が著しく下がるだけでなく、健康を損なうリスクが想定されます。

 

ゴミ屋敷が増えた背景

 

隠れゴミ屋敷が増加した理由として、新型コロナ感染症の影響が考えられます。
家で過ごす時間が増えて生活が不規則になったり、職を失ったりして精神的に参ってしまう事例は多いようです。
またコロナ禍をきっかけに夜勤がある仕事に転職し、昼夜逆転の生活になるケースも珍しくありません。
すると朝のゴミ出しに間に合わず、不用品が溜まる原因になります。

 

自力で片付けられるケース

 

清掃業者に片付けを依頼すると、どうしても費用が発生します。
できるだけ安く済ませたい場合は下記の条件と照らし合わせ、自力でゴミを撤去できないか検討しましょう。
必要な道具もあわせてまとめました。

 

【自力でゴミを片付けられるケース】
・生ゴミが放置されていない
・洗面台やキッチンなどの水回りが使える
・室内の床が見えており、移動できる

 

【片付けに使う道具】
・マスク
・軍手
・エプロン
・殺虫剤(ゴキブリ駆除剤・蚊取り線香など)
・ゴミ袋(100枚以上)
・段ボール箱とガムテープ
・掃除道具(雑巾・ほうき・ちり取りなど)
・ゴミを運搬する車両

 

これらの情報を参考に、部屋の片付けに挑戦してください。
事前に手伝ってくれる人員を確保することもお忘れなく。

 

業者に依頼したほうがいいケース

 

続いては、専門業者の協力を仰ぐべき場合に移ります。
たとえばこんな状況になっていたら、自力での片付けは困難でしょう。

 

・時間の猶予がなく、すぐにゴミを除去しなければならない
・どこから手を着ければいいかわからない
・やる気が出ず、諦めの境地に達している

 

転勤や引っ越しなどで部屋を片付ける必要に迫られ、業者に相談する人は多いのです。
あるいは、賃貸住宅の管理人からゴミの撤去を促されているケースも想定されます。

 

膨大なゴミの山を前にすると、誰しも片付ける気力が失せるでしょう。
そこまで状況が悪化していたら、迷わず業者に依頼してください。

 

自力でゴミ屋敷を片付けるメリット・デメリット

 

ここからは、自分で部屋をきれいにするメリットとデメリットについて解説します。
それぞれ2つずつ紹介しましょう。

メリット

自力でゴミを除去するメリットは、下記の通りです。

 

1.自分のペースで片付けられる

業者に依頼すると、当然ながら日にちや作業時間は決まっています。
限られた時間でゴミを片付けなければならず、ハードスケジュールになる可能性もあるでしょう。
自力でやるなら特に制限はなく、好きなタイミングで作業できます。

 

2 他人の目が気にならない

たとえ片付けに協力してくれる業者でも、家の中に赤の他人を上げるのは抵抗があるはずです。
特に依頼主が女性だと、男性の作業員に部屋を見られたくないと思うでしょう。
自分でゴミを撤去する場合、時間と手間はかかりますが余計な気疲れをしなくて済みますよ。

 

デメリット

メリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。

 

1.消毒や清掃などが行き届かない

長年放置された生ゴミは、捨てた後でも臭います。
部屋全体に染み付いた汚れは頑固なため、容易に落ちません。
素人ではその対策が難しく、片付けが不十分に終わる可能性もあります。

 

2.時間と手間がかかる

清掃業者は片付けに慣れており、手際よく作業できます。
しかし一般人にはノウハウがなく、効率が悪いのは否めないでしょう。
ゴミの量が多いほど手間ひまがかかるため、途中で挫折するかもしれません。

 

専門業者に片付けを依頼するメリット・デメリット

 

「自分では部屋を片付けられない」と悩んでいるなら、業者の力を借りるべきです。
ここからは、業者に依頼するメリット・デメリットについて解説しましょう。

メリット

片付けのプロを呼ぶメリットは、以下の2つです。

 

1.粗大ゴミの処分も依頼できる

片付けを進めるうちに、粗大ゴミが出てくるかもしれません。
イスやテーブルなど、大きくて処分に困るものもあります。
清掃会社によっては、不用品の処分や買い取りまで請け負うケースが見受けられます。
依頼する前によく調べてみてください。

 

2.プロの片付け術を間近で見られる

業者に来てもらうメリットの1つに、プロの技術を知れる点が挙げられます。
私たち一般人にとって、清掃業者のノウハウは大いに学ぶ価値があるものといえるでしょう。
それを後々の片付けで実践すれば、かかった費用を回収できたも同然です。

 

デメリット

もちろん気になる側面もあります。2つのデメリットを紹介しましょう。

 

1.業者によってサービスの内容が異なる

メリットの部分で述べたように、業者のサービスには差があります。
片付けのみ代行する会社もあれば、その後の清掃・消毒・不用品の買い取りなども実施する会社もあるのです。
どこまでやってほしいかを明確にしておき、サービス内容を調べてください。

 

2.費用がかかる

業者に依頼する場合、もちろん費用が発生します。
部屋の広さやゴミの量などによって金額はまちまちですが、決して安くはないでしょう。
相場としては、ワンルームで30,000円~50,000円、床が埋まっている場合は50,000~200,000円ほど。
必要な費用とはいえ、痛い出費かもしれません。

ゴミ屋敷の片付けなら「お片付けラボ」におまかせ

 

今すぐに部屋を片付けたい人は、ぜひお片付けラボをご利用ください。
お片付けラボでは、ワンルームで16,500円(税込み)から承ります。
部屋の広さによって金額が一律に設定されており、わかりやすい料金体系が魅力ですね。

 

主に関東の1都7県に対応しており、それ以外の地域にお住まいでもご相談を受け付けています
年中無休&即日対応なので、年末年始や土日祝日のご依頼が可能です。
クレジットカードをお持ちでなくてもご安心ください。もちろん分割払いもOK。

 

無料お見積もり、お問い合わせはこちらからどうぞ
https://okataduke-lab.com/contact/

 

東京・千葉・神奈川・埼玉エリアでゴミ屋敷の業者をお探しならお片付けラボ
https://okataduke-lab.com/

ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い

大量ゴミからゴミ屋敷などのお片付け全般はお片付けラボ

不用品回収 東京 即日
こんな状態でも大丈夫
分割支払い・自社ローン

今、現金が無くても
片付け・清掃が出来る!

お支払い方法に不安な方!

職業不問でも申し込みOK!
アルバイト・パートの場合でもOK!

※無職の方はNGです。
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
※21時~翌朝7時の回収は当日19時までの受付予約となります。