お片付けラボは安心の料金《分割払い》《後払い》に対応!

お片付けラボコラム

居住者が部屋をゴミ屋敷にして夜逃げ!?残置物撤去の費用はどのくらいかかる??

2024年01月26日

「残置物の処分を業者に任せたいのだけれど、相場はどのくらい?」
「残置物って勝手に処分していいの?」

 

こんなお悩みはありませんか?
本来の持ち主が処分するべきだった残置物の処分は、非常に大変です。
部屋がゴミ屋敷なら、残置物撤去の費用にいくらかかるのか、不安に思う人も少なくないでしょう。

 

近年残置物は、問題となっています。
今回は、残置物の処分方法や撤去費用について詳しくご紹介いたします。

残置物とは?

 

残置物とは、家に残された不用品や家具、家電などのことです。
明らかなゴミや衣類、エアコンや冷蔵庫、ガスコンロ、カーテン、カーペットなども残置物になります。

 

「次に入居する人が便利だろう」という思いで残す人もいる一方で、中には部屋をゴミ屋敷状態にしたまま夜逃げをする人もいます。
賃貸の部屋に残置物がある場合、一体誰が処分をしなければならないのでしょうか?

残置物の処分は入居者、もしくは大家が行う

 

残置物の処分は、本来残置物の所有者である入居者がしなければなりません。
たとえゴミを部屋に放置して失踪しても、所有者の許可なしに大家さんが残置物を処分することができないのです。

 

所有者と連絡が取れない場合は、連帯保証人などが代わりに片付けなければならなくなります。
しかし連帯保証人も片付けを拒否してしまった場合、大家さんが法的処置をして片付けなければなりません。
大家さんが片付ける場合、許可を得るまでに膨大な時間と労力が必要になります。

 

部屋をゴミ屋敷にしたまま夜逃げをするケースは珍しいものの、実際に困る大家さんが後を絶ちません。
トラブルを未然に防ぐために、近年では事前依契約書に残置物の処分に関する記載をするところも増えてきているようです。
残置物は賠償問題にも発展するケースがあるため、特にゴミ屋敷にした場合は早急な解決をすることをおすすめします。

残置物の処分費用の相場

残置物の処分を専門業者に依頼した場合の費用の相場は、一般的な一軒家の場合20~30万円程です。
費用の決まり方は、1メートルの1立方メートルにどのくらいのゴミがあるのかで決まります。
業者によって差があるようですが、1立方メートルあたり8,000~15,000円で計算されます。

 

ただ費用は広さよりも、どんなゴミがどのくらいあるのか?でかなり大きく左右されます。
汚物が多い、集合住宅の上階での作業なのにエレベーターがない、近くにゴミを積み込むトラックが停められないなどは料金が割高になりやすくなります。

 

業者によっては、軽トラック積み放題プランやお得な料金システムが利用できる所も多いので相談してみることがおすすめです。

すぐにでも業者に依頼した方が良い状態

 

大家さんの中には、残置物を自分で処分しようとする人も少なくありません。
ゴミ屋敷が軽度の場合、1人で片付けることは可能です。

 

しかし、トラブルが多いゴミ屋敷の場合、すぐにでも専門のゴミ屋敷片付け業者に作業をしてもらった方が良いケースもあります。
具体的に業者に依頼した方が良い状態とはどのような状態なのでしょうか?

 

関連記事:アパートがゴミ屋敷化した時の片付け費用は?費用を抑えるコツと一緒に解説

ゴミが大量

残置物として放置されたゴミは、膝上やそれ以上にまで積み上がっていることがあります。
夜逃げするほどのゴミ屋敷なら、生活を続けるのが不可能になるくらいの量です。
たとえゴミではなくても不用品が大量なら、たとえ管理人でも自力で片付けることは困難です。

 

作業時間も取られ、長期間経過していると汚れを完璧に落とせないことも珍しくありません。
ゴミが大量の場合は、できるだけ早く片付け業者に連絡をして片付けてもらいましょう。

汚物が含まれている

ゴミ屋敷に放置されているゴミは、一般的なお菓子の空き袋やお弁当のガラ、雑誌、汚れた服だけではありません。

 

ゴミ屋敷が深刻化すると、空のペットボトルの中におしっこが詰められている「しょんペット」が大量に放置されるケースもあります。
ペットの糞尿同様、衛生上かなり問題があるため、汚物が部屋にある場合はすぐに専門業者に依頼して片付けてもらいましょう。

 

しかし汚物の処理は、依頼をお断りする業者も少なくありません。
問い合わせ時に相談し、汚物処理もOKな業者に依頼することがおすすめです。

片付け作業をする余裕がない

不動産の管理は副業で、普段は本業で忙しいという人も多いでしょう。
部屋のゴミを片付けたり掃除をしたりするのが時間的に大変な場合も、業者にお願いしてスピーディーに解決してもらうことがおすすめです。

 

特にゴミ屋敷は放置すればするほど、悪臭や汚れが悪化します。
近所の人に迷惑がかかることも少なくなく、火災が起きることも珍しくないためできるだけ早い解決が望ましいのです。

残置物撤去を業者に依頼する際のポイント

 

残置物を撤去する際、どのような業者に依頼すれば良いのでしょうか?
ゴミ屋敷が社会問題として注目されている影響もあり、近年さまざまな片付け業者がメディアやSNSを通して認知されるようになりました。

 

同時に高額な作業代を請求する悪徳業者による被害も深刻化しているため、きちんと許可を取得した優良事業所に依頼することが大切になります。
では、残置物撤去を業者に依頼する際の大切なポイントをご紹介します。

明確な料金の見積もりか

明確な料金の見積もりを出すかどうかは、とても大切です。
場合によっては数十万円にもなる残置物の撤去費用を、内訳もよくわからないまま請求されるのはどんな人でも納得するのは難しいでしょう。

 

どんなことにいくらかかるのかがきちんと明記され、疑問にもきちんと応えてくれる業者に依頼することがおすすめです。

スタッフの対応は親切か

どんな業者でも依頼主への対応が適当だと、信頼して作業を任せることは難しいですよね。
相談があっても長時間放置されたり適当な答えが返ってきたりすれば、ますます依頼しようとは思えなくなります。

 

優良事業所のスタッフは、お客様に対する態度も徹底して教育されています。
撤去を依頼する人は困っている場合がほとんどであるため、不安に寄り添い納得のいく解決方法を一緒に探してくれるのです。

資格や許可の有無

残置物の撤去を行うには、家庭ゴミの処分・搬出ができる「一般廃棄物収集運搬許可」が必要になります。
各市町村長の許可を得ることで取得が許されるため、業者の公式HPに公開されていることがほとんどです。

 

またこびりついた汚れや汚物による汚れは、特殊清掃が必要になります。
特殊な薬剤や機器を使用するため、特殊清掃も専門の資格がなければ行うことができません。

 

認可を受けていない業者は、不用品の回収や処分はできないため不法投棄をする可能性があります。
トラブルに巻き込まれる可能性もあるため、必ず許可や資格を持つ業者に依頼しましょう。

ハウスクリーニングなどは可能か

ゴミ屋敷は、溜め込まれたゴミが放つ異臭や漏れ出た汁などで汚れています。
全てのゴミを部屋から出しても、室内が臭いと感じることも珍しくありません。

 

ゴミの搬出だけでなく、ハウスクリーニングも依頼できる業者なら一度の依頼で部屋全体を完璧に綺麗にしてくれます。
大家さんの手間も最小限で済みます。

撤去費用を少しでも安価にする方法

残置物の撤去は、ゴミの量や部屋の広さによって左右されます。
できれば、負担する作業代を少しでも少なくしたいと思う人も多いでしょう。

 

実際に撤去費用を少しでも抑える方法はあるのでしょうか?

 

関連記事:【お金が無い人向け】ゴミ屋敷を無料で片付ける裏技を教えます!

最低3社で相見積もりをする

相見積もりをすることで、より安価で依頼することが可能になります。
どこの業者も自社で契約してもらいたいため、すでに他の業者に相談している場合、その業者が提示した金額よりもいくらか割引した金額で作業可能とする所が少なくありません。

 

即決もしくは3日以内など条件がありますが、少しでも撤去費用を抑えたいのなら試してみる価値はあるでしょう。
相見積もりをする場合は、最低3社に問い合わせることがおすすめです。

追加料金がない業者を選ぶ

業者の中には、追加料金が発生するところがあります。
依頼をするのなら、多少のイレギュラーがあっても追加料金なしのところの方が、後で費用が発生しないのでおすすめです。

 

料金は、業者の公式HPの料金プランのページに公開しているところがほとんどです。
もし見当たらないようであれば、問い合わせ時に聞いてみるのも良いでしょう。

自力でできるだけ片付けておく

撤去業者に依頼した際、ゴミを片付けたり分別したりしなくても大丈夫です。
事前の片付けを不要としているところがほとんどのため、安心して任せてOKです。

 

しかしゴミ屋敷の場合、ある程度最初に片付いている状況なら、その分作業代が割安になります。
片付ける範囲は、できる範囲でかまいません。
少しでも作業代金を抑えたいのなら、少しでも片付けておくと良いでしょう。

買取サービスも活用する

残置物といっても、ゴミの中に売却できる物も混ざっていることがあります。
売却金額で費用を相殺、とまではいかなくても、売ることでいくらか負担を軽減させることはできるでしょう。

 

買取サービスも実施している撤去業者は多いため、作業前に相談することが大切です。

お片付けラボの残置物撤去の作業事例

お片付けラボは、不動産に残された残置物撤去を得意とする片付け業者です。
ゴミ屋敷にも対応可能で、ハウスクリーニングや特殊清掃も承っております。

 

対応エリアは、関東全域。
おかげさまで口コミ評価も高評価を獲得しており、豊富な経験に裏付けされた自信があります。
自社ローンも完備で、分割払いは最大60回払いが可能。
多くのお客様にご利用いただいております。

 

そんなお片付けラボの不用品回収の実績をご紹介いたします。

依頼内容

撤去前の大量の不用品

 

片付けの放棄によりゴミ屋敷化した東京都杉並区の大量ゴミの回収と特殊清掃をの実績をご紹介いたします。
多忙を理由に片付けをしなくなったところ、数年足らずで部屋がゴミ屋敷化してしまった東京都杉並区にお住いのお客様からのご相談でした。

 

部屋には生活ゴミだけでなく、通販で届いたダンボールが開封されないまま放置されており、いつ着たのかも分からない衣類も積み重なっている状態でした。
浴室もゴミだらけなため、シャワーはネットカフェ。
食事は外食はテイクアウトで、毎週のように洋服や下着を買ってきては洗わずに部屋に放置しているとのことでした。

弊社ヘのご依頼のきっかけ

ゴミ屋敷の生活に慣れてしまったものの、さすがにこの生活をずっと続けるわけにはいかないと思い、一度専門業者に片付けを依頼したそうです。
しかしあまりのゴミの量の多さと汚さに、プロである業者が途中で作業を中断してしまい、ゴミ屋敷生活を継続する羽目に。

 

今回ご近所からのクレームで、管理会社から「このまま片付ける気がないのなら立ち退いてもらう」と通告されてしまったそうです。
急いで評判の良いゴミ屋敷業者を探したところ、自社ローン払いが可能で口コミ評価も良い「お片付けラボ」にご相談くださいました。

作業を経て

作業内容:大量ゴミ・不用品の回収、特殊清掃、害虫駆除、消臭作業
作業時間:約3日

 

ゴミだらけだった部屋も、弊社スタッフが3人がかりで3日かけて清掃したおかげで、スッキリと片付けることができました。
あれだけ臭かった部屋も作業が異臭もなく、問題なく生活できるレベルにまで戻すくことができました。

 

作業を見守られていたお客様から、完了後「ありがとうございました」とのお言葉をいただけて大変嬉しく感じました。

まとめ:ゴミ屋敷の残置物撤去はお片付けラボがおすすめ!

ゴミ屋敷の格安片付け業者はお片付けラボ

 

残置物の撤去費用は、ゴミの量や種類が大きく関係します。
近年1人暮らしの増加に伴い、賃貸に不要品やゴミを残したまま行方知れずになってしまうケースが後を絶ちません。

 

撤去費用も高額になることもあるため、困った時はできるだけが早く撤去業者に相談することをおすすめします。
少しでも作業代を抑えたい場合は、相見積もりやできる限り自分で片付けてみましょう。

 

お片付けラボは、残置物の撤去はもちろん、ゴミ回収やハウスクリーニングなどのご依頼も大歓迎です。
ご相談・お見積もり・キャンセル料は全て無料!
お客様満足度は99.2%と高く、多くのお客様から感謝の言葉を頂戴しております。
エリアや予約状況によって即日対応も可能ですので、お急ぎの場合もぜひお片付けラボにご相談ください。

夜逃げなどで残された不動産の残置物の処分に困ったらお片付けラボ

ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い

大量ゴミからゴミ屋敷などのお片付け全般はお片付けラボ

不用品回収 東京 即日
こんな状態でも大丈夫
分割支払い・自社ローン

今、現金が無くても
片付け・清掃が出来る!

お支払い方法に不安な方!

職業不問でも申し込みOK!
アルバイト・パートの場合でもOK!

※無職の方はNGです。
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
※21時~翌朝7時の回収は当日19時までの受付予約となります。