お片付けラボは安心の料金《分割払い》《後払い》に対応!

お片付けラボコラム

ワインセラーは粗大ゴミじゃない!正しく・素早く捨てる6つの方法

2024年01月18日

 

「ワインセラーが家にあるけどもう使っていない」

「手放したいけど、地域の粗大ゴミとして捨てていいの?」

 

ワインセラーはワイン愛好家の人々にとって重要な家電製品ですが、新しいモデルの購入や引っ越し、あるいは単に使用しなくなったなど、様々な理由からワインセラーを手放したいと考えている場合もあるでしょう。

 

一見粗大ゴミとして捨てられそうですが、実はワインセラーはすぐに手放しづらい家電の一つ。

 

家電リサイクルを推進する「特定家庭用機器再商品化法」の対象となっているため、慎重に処分を進める必要があります。

 

この記事では、ワインセラーを捨てるための6つの方法を詳しく解説します。

 

ワインセラーを粗大ゴミとして捨てるのは不可能

 

ワインを理想的な温度で保管し、最適な風味や質を維持し続けるのに欠かせない「ワインセラー」。

 

実は粗大ゴミとして扱われないため、手放す際hは他の家具・家電のように自治体によって回収してもらうことができません。

 

ワインセラーは特定家庭用機器再商品化法(通称家電リサイクル法)の対象である「家電4品目」のうち、冷蔵庫・冷凍庫に該当する家電です。

 

特定家庭用機器再商品化法は、家庭や事務所で使われなくなった家電のうち、再利用の価値がある部品や材料を取り出すことで資源の有効活用を進めるための法律です。

 

数ある家電のうち、以下の4つが家電リサイクル法の対象となっており、これらの「家電4品目」は粗大ゴミとは別の方法で処分を進めなければなりません。

 

・エアコン

・テレビ

・冷蔵庫,冷凍庫

・洗濯機,衣類乾燥機

 

ワインセラーも家電4品目に含まれることから、手放す際には自治体ではなくリサイクルできる方法での処分が必要です。

 

参考:家電4品目の「正しい処分」早わかり!|経済産業省

無料で処分するのも難しい

なかにはワインセラーを無料で手放したいと考える方もいるかもしれませんが、一般的には難しいでしょう。

 

そもそもワインセラーが粗大ゴミだったとしても自治体の回収サービスを無料で受けることはできません。

 

また、家電リサイクル法の対象である「家電4品目」を手放す際は家電リサイクル料金が発生します。

 

ワインセラーのような大型家電は、環境に配慮し、リサイクルを推進するためにも適切な方法で処分しなければなりません。

 

したがって、ワインセラーを無料で手放すには知り合いなどに譲るといった方法を選ぶ必要があります。

【6選】ワインセラーの処分方法

 

ワインセラーを処分する方法を6つ紹介します。

 

自治体が推奨する最適な方法から、急いで手放したい方や、処分にお金をかけたくない方に向けた方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

・指定取引場所に自己搬入する

・地域の許可業者に回収してもらう

・買い替えのタイミングで家電販売店に引き取ってもらう

・不用品回収業者に回収してもらう

・ジモティーといった掲示板で譲り先を探す

・フリマアプリ,リサイクルショップ,ワインセラー専門買取業者に売却する

 

指定引取場所に自己搬入する

自治体が回収できない「家電4品目」については、自ら「指定引取場所」に搬入する形で手放すことができます。

 

指定取引場所とは各自治体が家電4品目の引取先として定めた業者などのことです。

 

自治体サイトなどに掲載されている指定引取場所に自らワインセラーを持っていけば、引取先が処分を請け負ってくれます。

 

ちなみに一部自治体では郵便局に備え付けの「家電リサイクル券」に必要事項を記入し、指定の口座に料金を振り込まないと回収は行ってくれません。

 

指定引取場所にワインセラーを持ち運んでも回収してもらえないので、自治体ごとに定められたルールをチェックしたうえで処分を進めましょう。

地域の許可業者に回収してもらう

地域の許可業者への依頼によって手放すことも可能です。

 

一般廃棄物収集運搬業といった自治体から許可を得た業者への回収依頼もできるので、指定引取場所への搬入が困難な場合はぜひ検討してみてください。

 

この場合は、家電リサイクル料金に加えて収集運搬料金などが発生します。

買い替えのタイミングで家電販売店に引き取ってもらう

ワインセラーを新しく購入する際、古いモデルを家電販売店に引き取ってもらうと効率的かつ負担なく手放すことが可能です。

 

大手家電販売店は家電4品目の回収を行っており、お店を通して製造メーカーに渡ることで適切なリサイクルに貢献できます。

新旧のワインセラーを交換する形で手放せるため、家電4品目にありがちな処分時の手間などを省くことができます。

 

おおよそ3,000円から5,000円程度の引き取り料金に加え、収集運搬料などが発生するので、お近くの家電販売店サイトで事前にチェックしておきましょう。

 

お店によっては回収の依頼も可能なので、ぜひ活用してみてください。

 

以下は家電販売店3社のワインセラー引き取り料金表です。

詳しくは各社サイトをご覧ください。

 

店舗 容量 引き取り料金 リサイクル搬送費/収集運搬料
ヨドバシカメラ 170L以下 3,740円(税込) 550円(税込み)
171L以上 4,730円(税込)
ケーズデンキ 冷蔵庫(170L以下) 3,740円(税込)~ 2,200円(税込み)
冷蔵庫(171L以上) 4,730円(税込)~
ビックカメラ 170L以下 3,740円 1,650円もしくは2,750円
171L以上 4,730円

不用品回収業者に回収してもらう

指定引取場所への自己搬入や家電販売店の収集よりも早くワインセラーを手放したい場合は、地域の不用品回収業者に回収を依頼するのも良いでしょう。

 

民間業者の強みは、回収までのスピードと支払い方法の豊富さです。

 

予約状況にもよりますが、不用品回収業者なら依頼当日に回収を済ませてくれることもあります。

 

また、ワインセラー以外の不要品も一度に回収してもらえるのも強みです。

 

関東エリアの不要品回収を承っている「お片付けラボ」なら、最大60回の分割払いや後払いで料金をお支払いいただくこともできます。

 

公式LINE問い合わせフォームで無料相談・見積もりが可能なので、不要品を急いで手放したい時はお気軽にご連絡ください。

 

最短依頼日に回収可能!関東の不要品回収ならお片付けラボ

 

【関連情報】

片付けで出てきた不用品は売るべき理由!売る方法・売れやすい不用品の例

ジモティーといった掲示板で譲り先を探す

無料掲示板を活用すれば、費用をかけずにワインセラーを欲しい人に譲れるかもしれません。

 

譲り先を探すのにおすすめなのが、株式会社ジモティーが運営する掲示板サービス「ジモティー」です。

 

ジモティーは同じ地域に住む人のなかから不要品の譲り先を探せる掲示板サービスで、会員登録や出品に手数料は一切かかりません。

 

取引相手が近所に住んでいれば連絡がきた当日に手渡しできる可能性もあるため、資金的な負担なく、スピーディーにワインセラーを手放すことも可能です。

 

不要品のリユースを促進するサービスであることから、千葉県船橋市や愛知県名古屋市、京都府京都市など、様々な市区町村とも提携を結んでいます。

 

不要品はすぐに処分するのではなく、使い続けてくれる人に譲渡することがベストな選択と言えるかもしれません。

 

参考:株式会社ジモティーと連携協定を締結|船橋市

フリマアプリ・リサイクルショップ・ワインセラー専門買取業者で売却する

フリマアプリやリサイクルショップ、ワインセラー専門買取業者を使えば、費用負担どころか収入を得ながらワインセラーを手放せます。

 

不要になったワインセラーを現金化できれば、新たな製品の購入資金にも充てられるため非常に効率的です。

 

専門買取業者なら製品の価値を正しく評価してくれることで高価買取にも期待できます。

 

また、自分で譲り先を探す必要がないのも時間と労力の節約に繋がるでしょう。

 

ワインセラーの状態が良く、人気ブランドの製品なら貰い手も多く見つかる可能性があるので、積極的に検討してみてください。

ワインセラーの高価買取を実現するための条件

 

ワインセラーは決して安い製品ではないため、手放すにしても収益を得たいと考えている方は少なくないでしょう。

 

ワインセラーの高価買取が可能になる条件を解説するので、処分ではなく売却を検討している方は参考にしてみてください。

本体が故障していない

買取価格を高めるためには、ワインセラーの機能を維持しておく必要があります。

 

故障している部位があると修理の手間がかかって買取価格も大幅に下がるため、日頃から業者によるメンテナンスやお手入れを欠かさないことが重要です。

人気ブランドの商品である

市場での需要が高い人気ブランドなら中古品でも高く売れる可能性があります。

 

人気ブランドの製品なら、その信頼性や品質の高さ、デザインなど、買取業者や貰い手からも評価を得やすいです。

 

また、耐久性にも期待できるのが人気ブランド製品の特徴なので、自身にとっては不要でも他の人が使い続けられる可能性もあります。

まとめ:ワインセラーは粗大ゴミじゃない!不要でも安易に処分しないで!

 

ワインセラーはただの粗大ゴミとして処分できない家電製品です。

 

家電リサイクル法の対象である「家電4品目」のうち、冷蔵庫・冷凍庫と同じ扱いのため、自治体に指定された業者や家電販売店による回収が必要となります。

 

しかし、ワインセラーを手放すのにも費用が発生します。

 

処分費用をかけたくない方で、ワインセラーが十分機能する場合は他に譲り先を見つけたり、高価買取ができる専門店に買取査定を出すのも良いでしょう。

 

安易に処分するよりもリユースに貢献でき、資源の無駄遣いも防ぐことができます。

急いで捨てたい場合にはお片付けラボにご相談を

ゴミ屋敷清掃ならお片付けラボ! 年間実績1万件超! お客様満足度99.2%!

 

粗大ゴミや不要品のスピード回収を希望する場合は、関東1都7県に対応する不要品回収・片付け業者の「お片付けラボ」にご相談ください。

 

スケジュールに余裕があれば、依頼日当日にご自宅へお伺いし、ワインセラーといった不要品を回収いたします。

 

お片付けラボでは「明朗会計」を導入しているため、見積もりの時点で依頼にかかる費用の提示が可能となっています。

 

もちろん、相談や見積もりは何度でも無料なので、扱いに困っている不要品をお持ちの場合はお気軽にご連絡ください。

 

公式LINEお問い合わせフォーム、公式サイトに記載のフリーダイヤルからご連絡が可能です。

お片付けラボの不用品即日回収事例

お片付けラボ 神奈川県横浜市瀬谷区 不要品回収事例

 

「家のリフォームで不用品が大量に出てきた」

「自分たちでは運び出せないので手伝ってほしい」

 

神奈川県横浜市瀬谷区のお客様からのご依頼

 

・作業内容:キッチン家電の回収

・作業時間:即日

・支払い方法:後払い

 

ご両親の高齢化を機に、実家をリフォームされることとなったお客様からご依頼いただきました。

 

リフォーム施行前に自宅内の不要品や粗大ゴミはあらかた処分したものの、サイズの大きなキッチン家電だけはまだ対応できていなかったとのこと。

 

自分たちだけでは運び出せないうえに、施行開始日が迫っていたこともあって、スピード対応が可能なお片付けラボにお任せくださいました。

 

お急ぎとのことでしたので、ご連絡いただいた当日に現場へ急行。

 

3人のスタッフが家電を搬出し、キッチンに残された他の不要品なども回収いたしました。

 

家電4品目はサイズが大きいため、なかなか自分たちでの運び出しが困難です。

 

負担なく、早急に粗大ゴミを回収してほしいという際には、24時間365日無休のお片付けラボにご相談ください。

 

お客様の予算なども考慮しながら、最適のプランを見積もりのタイミングで提示したうえで作業を実施いたします。

 

神奈川県横浜市瀬谷区でゴミ屋敷の片付けを依頼したい方にはお片付けラボがおすすめ!

 

最大60回の分割払いも可能!関東の不要品回収ならお片付けラボ

ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い

大量ゴミからゴミ屋敷などのお片付け全般はお片付けラボ

不用品回収 東京 即日
こんな状態でも大丈夫
分割支払い・自社ローン

今、現金が無くても
片付け・清掃が出来る!

お支払い方法に不安な方!

職業不問でも申し込みOK!
アルバイト・パートの場合でもOK!

※無職の方はNGです。
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
※21時~翌朝7時の回収は当日19時までの受付予約となります。