お片付けラボは安心の料金《分割払い》《後払い》に対応!

お片付けラボコラム

ゴミ屋敷片付け費用を0円にするには?自力清掃の方法や安く業者に依頼するコツ

2023年12月19日

 

「ゴミ屋敷の片付け費用を0円にする方法は?」
「お金がないので自力でゴミ屋敷を掃除したい…どうやって片付けたら良い?」

 

ゴミ屋敷の片付け費用を0円にするには、自力でのゴミを撤去して清掃が必要です。

しかし、ゴミ屋敷を作り上げた張本人が自分でゴミ部屋を脱出するのはかなり難しいでしょう。

 

この記事ではゴミ屋敷の片付け費用相場、お金がない人がゴミを片付ける方法、自力で費用0円でゴミ屋敷を片付ける方法、業者に依頼した方が良い理由、激安を謳う業者についての注意点を紹介しています。

 

最後まで読めば、初期費用を0円にしてゴミ屋敷の掃除を業者に依頼する裏技がわかるでしょう!

 

ゴミ屋敷の片付け費用相場

ゴミ屋敷の片付け費用相場

 

あなたが住んでいるゴミ屋敷を片付ける場合、費用がどの程度必要か解説します。

 

1.自力での片付け:0円〜1万円以内
2.業者への依頼:3〜5万円(ワンルームのばあい)
3.100万円以上かかるケースはほぼない

 

自力での片付け:0円〜1万円以内

自力でワンルーム程度のゴミ屋敷を清掃した場合にかかる費用は、おおよそ0〜1万円です。

ご家庭にあるごみ袋が不足した場合や、掃除用具を買っても数千円。

 

家電や家具を粗大ゴミに出したとしても、1万円以内で捨てられるはずです。

業者への依頼:3〜5万円(ワンルームのばあい)

片付け代行業者にゴミ屋敷を掃除してもらう場合は、ワンルームで3〜5万円の費用が必要です。

ごみの量が多かったり、部屋の間取りが広い場合は10〜30万円かかる場合もあります。

100万円以上かかるケースはほぼない

ゴミ屋敷の清掃に100万円以上かかったというデマが飛び交っていますが、かなり誇張された金額です。

確かに一軒家で庭までゴミで埋め尽くされているような場合は、ごみの処理に膨大な人員が投入されるので、費用が高くなります。

 

過去に自治体による強制代執行の事例で、数百万円の費用が家主に請求された事例があります。

しかしこの事例はどれも一軒家で、庭などに不法投棄された家電や家具などが堆積したようなゴミ屋敷でした。

 

強制代執行の事例についてはゴミ屋敷の行政代執行の費用は住民負担!いくらかかる?請求されない方法を解説で紹介しているので、読んでみましょう。

 

つまり一人暮らし用のマンション、一軒家の室内のみがゴミ屋敷になっている状態なら、100万円以上かかることはありません。

 

【関連情報】

【真相】ゴミ屋敷の片付けに100万円はホント?費用相場・お金がなくても業者依頼するコツ

【費用0円】お金がない人がゴミ屋敷を片付ける方法

【費用0円】お金がない人がゴミ屋敷を片付ける方法

 

お金がない人がゴミ屋敷を片付ける方法を3つ紹介します。

 

1.自力でゴミ屋敷を清掃する
2.【おすすめ】頭金0円の分割払い・後払いを利用できる業者に依頼する
3. 生活保護受給者は補助金でゴミ屋敷清掃が可能

 

費用0円でできる方法、初期費用や毎月の支払い負担を抑える方法を紹介します。

自力でゴミ屋敷を清掃する

費用を全くかけずにゴミ屋敷をどうにかしたいなら、自力で片付けるしかありません。

ただし自力で片付けられるゴミ屋敷のレベルは、汚部屋〜ごみの量がかなり少ないゴミ屋敷です。

 

軽度のゴミ屋敷を清掃する方法については、軽度のゴミ屋敷ってどんな状況?自力で改善する効果的な方法紹介をご覧下さい。

【おすすめ】頭金0円の分割払い・後払いを利用できる業者に依頼する

最もおすすめしたいのが、頭金0円で分割払いできる片付け業者の利用です。

例えばゴミ屋敷清掃に10万円かかったとして、通常の分割払いだと着手金や保証金を総額の1〜2割程度支払うことが多いです。

その場合は初期費用で1〜2万円かかるので、今お金がないときついですよね。

 

一方で頭金0円の分割払いなら、10万円を10分割して毎月1万円ずつ、20分割して5,000円ずつなど無理ない範囲で支払えます。

分割払いでゴミ屋敷を片付けるメリットは、ゴミ屋敷は分割払いで清掃可能!お金がない方向けの片付け方法・業者選びのポイントで紹介しています。

生活保護受給者は補助金でゴミ屋敷清掃が可能

生活保護受給者で、今住んでいる家を退去する方は、ゴミ屋敷清掃に補助金が使えるかもしれません。

自治体によって補助金の規定は異なりますが、費用を全額か一部を負担してくれます。

 

生活保護受給者が受けられるゴミ屋敷片付けの補助金については、生活保護受給者が受けられるゴミ屋敷支援の補助金内容は?条件・申請方法を紹介をご覧ください。

自力でゴミ屋敷を片付ける手順

自力でゴミ屋敷を片付ける手順

 

簡単ではありますが、自力でゴミ屋敷を片付ける手順を解説します。

 

1.部屋の中のゴミをひたすら捨てる
2.乾いたゴミを可燃ごみの日に捨てる
3.ペットボトル類を捨てる
4.触りたくない場所のゴミを捨てる
5.粗大ゴミを捨てる
6.ゴミ以外のものを要・不要に分ける
7.部屋を掃除する
8.必要なものをしまう

 

ゴミ屋敷にしてしまう人は1つの物事に集中できない傾向があるため、1ステップずつ集中して他のことは考えないようにしましょう。

一つの工程が終わったら次へ、を繰り返すことでいつの間にか部屋が綺麗になります。

部屋の中のゴミをひたすら捨てる

まずは室内のゴミをすべて捨てましょう。

何も考えずにゴミだとわかるものを、とにかく袋へ詰めてください。

乾いたゴミを可燃ごみの日に捨てる

ごみを捨てる順番については、一番収集頻度が高いゴミを最初に持ってきましょう。

燃えるゴミに出せる乾いたゴミや衣類などを先に捨てます。

乾いたゴミは一番捨てやすいので、最初に捨てましょう。

ペットボトル類を捨てる

次にペットボトル類を捨てましょう。

ゴミ屋敷にはペットボトルゴミがたくさんあるケースが多いです。

 

分別が必要なので面倒ですが、ペットボトルはラベルを外して洗い、可能ならスーパーなどのリサイクルボックスへ持っていくと早く片付きます。

触りたくない場所のゴミを捨てる

次に触りたくない場所のゴミを捨てていきましょう。

具体的にはお風呂の排水溝の髪の毛やトイレ周りにあるゴミ、女性ならナプキンなどが該当します。

衛生的に触りたくないものを片付ければ、だいぶお部屋が綺麗になっているはずです。

粗大ゴミを捨てる

最後に粗大ゴミ類で捨てたいものがあれば捨てていきます。

巨大な家具などは解体しなければならないので、この部分だけ業者に依頼して引き取ってもらうのもおすすめです。

ゴミ以外のものを要・不要に分ける

全てのゴミを捨てたら、部屋に残ったものを捨てるかどうか判別します。

必要な衣類や本などは残して、それ以外の不用品は捨てましょう。

部屋を掃除する

最後にゴミと不用品が無くなったお部屋を、1箇所ずつ掃除します。

まずは埃などを掃除機などで吸い取って、最後に洗剤をつけた雑巾で拭き掃除を。

かなり汚れているはずなので何度か拭いて、最後にから拭きして仕上げてください。

必要なものをしまう

部屋中掃除をし終わったら、必要なものをしまっていきましょう。

棚に衣類を戻したり、本棚に本を入れていきます。

整理整頓が苦手な方は、ざっくり洗面所周りにお風呂で使うものを入れるなど場所を決めると、上手に整頓できますよ。

多少お金をかけてもゴミ屋敷を業者に依頼すべき理由

多少お金をかけてもゴミ屋敷を業者に依頼すべき理由

 

自力でゴミ屋敷を掃除することは不可能ではありませんが、可能なら業者に依頼すべきです。

 

1.自力清掃は気力・体力が必要!挫折する可能性が高い
2.そのまま放置すると強制退去・行政代執行もあり得る
3.頭金0円の分割払いなら月々の支払いを抑えられる

 

どうして業者に依頼すべきなのか、費用面でのメリットを踏まえて紹介します。

自力清掃は気力・体力が必要!挫折する可能性が高い

ゴミ屋敷を一人で片付けるのは、気力と体力が必要です。

そもそもゴミ屋敷にしてしまう人は片付けが苦手だったり、掃除する体力や気力が不足しています。

その状態で急に掃除を頑張って、部屋を綺麗にするのは難しいでしょう。

 

多くの人がゴミ屋敷から脱出できないのは、掃除を完了させるまでに諦めてしまうから。

最後まで掃除をやり遂げる自信がない方は、業者に依頼した方がゴミ屋敷から脱出するスピードが速いです。

そのまま放置すると強制退去・行政代執行もあり得る

ゴミ屋敷の片付けを自力でしようと思っても、なかなか着手できず放置してしまう人も多いです。

片付けに着手できないまま過ごしていると、家主や管理会社から強制退去や行政代執行の実施もあり得ます。

 

強制退去や行政代執行がかかれば、莫大な退去費用やリフォーム料金、行政代執行の場合は清掃料金の全てを請求されます。

支払いに応じないと資産が差し押さえられることもあり、かえってお金がかかることになるでしょう。

頭金0円の分割払いなら月々の支払いを抑えられる

頭金0円の分割払いが可能な片付け代行業者に依頼すれば、お金の負担は最低限で済みます。

毎月数千円の支払いで済むように調整も可能です。

 

行政代執行されたり、強制退去になったりするリスクを考えれば、金銭的な負担を抑えられる分割払いを利用して業者に依頼するのが一番です。

 

お片付けラボでは最大60回の分割払いが可能

 

お片付けラボでは最大60回までの分割払いを利用できます。

クレジットカードの枠、カード自体がなくても問題ありません。

 

自分のペースで無理なく支払いができるので、費用0円でゴミ屋敷を片付けたいと考えている方は一度ご相談ください。

初期費用0円でゴミ屋敷を片付けた事例紹介

初期費用0円でゴミ屋敷を片付けた事例紹介

 

初期費用0円でゴミ屋敷を片付けた事例を紹介します。

東京都品川区にお住まいのお客様より、ゴミ屋敷掃除の依頼をいただきました。

 

自力での清掃も考えたそうですが、害虫が大量発生していたり、集中できなかったりしてどうしてもできなかったそうです。

まとまったお金がないのもネックになっていたので、初期費用0円でゴミ屋敷の片付け依頼ができるお片付けラボを選んでいただきました。

 

弊社スタッフは、ゴミ屋敷の片付けのためにお部屋へ伺ってとにかくゴミを処分。

室内がかなり汚れていて、ゴキブリも発生していたのでハウスクリーニング、害虫駆除、消臭作業なども実施しました。

 

支払いは頭金0円の分割を利用いただいたので、初期費用は0円。

分割もお給料の状況を伺ったうえで、無理のない範囲で設定させていただきました。

 

東京都品川区でゴミ屋敷の片付けを依頼したい方にはお片付けラボがおすすめ!

※補足!激安を謳うゴミ屋敷片付け業者にご注意ください

※補足!激安を謳うゴミ屋敷片付け業者にご注意ください

 

費用0円でゴミ屋敷を片付けたいと思っている方へ、1つ注意していただきたいことがあります。

インターネット上にはたくさんのゴミ屋敷片付け業者がありますが、中でも「激安」を売りにする業者にはお気をつけください。

 

基本料金0円などと書かれている業者は、オプションや作業料で高額を請求してくる可能性があります。

見積もりと料金が全く異なり、支払いを拒否したところ家の前の道にゴミを放置して逃げた、恫喝されてお金を仕方なく払ったという事例も…。

 

料金が安いからといって業者を選ぶのではなく、まとまったお金がなくても片付けが可能な業者に依頼するようにしましょう。

 

また、依頼前には業者から見積もりをとり、費用を明確にすることも重要です。

まとめ:頭金0円の分割払いが可能なお片付けラボへご相談ください

ゴミ屋敷の格安片付け業者はお片付けラボ

 

費用0円でゴミ屋敷を片付けたいなら、自力で掃除するしかありません。

ですが、ゴミ屋敷住民の方は気力や体力が欠けていたり、そもそも掃除が苦手な方が多いため自力での片付けは困難。

 

弊社としては頭金0円で分割払いができる業者に依頼して、ゴミ屋敷を早急に抜け出すことをおすすめします。

お片付けラボは、年間1万件以上のゴミ屋敷片付けの問い合わせをいただく、実績ある片付け代行業者。

 

頭金0円での分割払いに対応しているので、まとまったお金がない方でもご依頼いただけます。

 

初期費用0円でゴミ屋敷を片付けたいなら!即日対応・分割払い可能なお片付けラボ

ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い

大量ゴミからゴミ屋敷などのお片付け全般はお片付けラボ

不用品回収 東京 即日
こんな状態でも大丈夫
分割支払い・自社ローン

今、現金が無くても
片付け・清掃が出来る!

お支払い方法に不安な方!

職業不問でも申し込みOK!
アルバイト・パートの場合でもOK!

※無職の方はNGです。
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 分割払い ゴミ屋敷片付け 分割払い
ゴミ屋敷片付け 千葉
不用品回収 即日
不用品回収 即日
※21時~翌朝7時の回収は当日19時までの受付予約となります。